生徒さんからの声:Testimonials



 伊勢谷 優介  北海道大学文学部


中学二年生の時からハイツセンターに通い始め、現在は社会人クラスに在籍しています。 最初は慣れない英語での会話にとまどっていましたが、少しずつ自分の言いたいことが英語で伝えられるようになるにつれて英会話が楽しいと感じるようになりました。大学受験期にも毎週レッスンに通い続け、目標だった大学にも合格することができました。 ハイツセンターの社会人クラスでは、毎回レッスンの始めに最近あった出来事などを一人ずつ話します。自分の言いたいことを英語で伝えるのは難しいですが、伝わったときはとても嬉しいです。また、先生やほかの受講生の方のお話が聞けるのを毎回楽しみにしています。後半はテキストに沿って勉強していくのですが、文章を読む、動画を見る、CDを聞く、話し合うなどの方法で、様々なテーマについて英語で学習することができます。英語の力を つけるだけでなく、多くの視点から考え方や知識を身につけられるところが魅力的だと思います。 このようなハイツセンターのレッスンに通っていて良かったことは、英語を好きになれたことです。社会人クラスには、受験対策をするというよりも楽しく英会話がしたいという 理由で通っていましたが、レッスンに通う中で、英語を使ってコミュニケーションがとれるようになりたい、もっと英語を勉強したいという気持ちになれたため、普段英語を勉強しているときも意欲的に取り組むことができました。そのおかげで大学にも合格でき、受験後の今でも英語をもっと勉強したいという意欲を持っています。ハイツセンターには心から感謝しています。引き続きハイツセンターで英語力の向上に励んでいきたいです。



 紙谷 のぞみ  旭川医科大学 医学部医学科


私は、姉がハイツセンターへ通っていので、同じように小学校5年生から通い始めました。そして、ハイツセンターのアットホームな雰囲気の中で英語を学んできました。ハイツセンターでネイティブの英語を聞く機会があったので、センター試験本番では、リスニングで満点を取ることができました。また、旭川医大の難易度が高い2次試験の英語でも、ハイツセンターで学んだことが役に立ちました。試験では、難解なテーマ、しかも長文の自由英作文が求められるのです。ですが、先生が熱心に添削をしてくださったり、論の組み立て方を教えてくださったりしたので、乗り切ることができました。このように、志望校の傾向に合わせた対策をしていただき、とても効率よく勉強することができました。そして、合格することができたのです。 大学では、ネットワークを介して外国の医師とで交流することもあるようなので、今まで培ってきた英語を生かしていきたいと思っています。



 深田 久典  公立大学法人国際教養大学 国際教養部 合格

 

合格するためにハイツセンターに入学しました。 受験で英語小論文、英語と日本語での面接がありひとりでは対策するのは難しいと感じた為です。 英語の論文で必要とされる論理の構成が苦手でした。添削を通して欠点を指摘して頂いたので受験までに 理解することができました。また、英語の面接の練習も表現と論理の不自然さを指導して頂きましたので 本番でも堂々と答えることができました。その結果、志望校に合格することができました。 ハイツセンターの先生方の熱心な指導がなければ合格できなかったと思っています。 本当に感謝しています。



 山崎 政子さん   社会人中級クラス在籍

 写真右から2人目が山崎さん


私がやりたかったこと。 子供のころから深夜ラジオから流れるアメリカンポップスが好きでした。洋画もたくさん観ました。英語の歌うようなリズムやアクセントは魅力的でした。末娘が小学4年生になった時、長い間忘れていた英語を習いたいと思うようになり、知人が通うハイツセンターイングリッシュスクールを紹介されたのです。今から30年も前のことです。 決心して始めてはみたものの、英語には程遠く、単語さえカタカナ読みで、私の英会話はボロボロのスタートです。それでも教室の雰囲気は和やかで楽しいものでした。毎週少しの緊張と日常ではない英語の世界に浸るこの時間が、どんどん好きになっていきました。ハイツセンターには、先生はもちろん、海外からたくさんの人たちがやってきます。行ったこともない国の文化や習慣、音楽や生活の話しは、興味深く世界が広がります。たくさんの出会いの中、生涯の友と呼べる大切な友人もできました。一緒に学べる智が隣にいてくれることは嬉しいことです。 ハイツセンターと古くから交流のあるイギリスの高校を訪れたり、ホームステイも体験しました。娘と一緒にアメリカやヨーロッパ旅行もしました。知らない国で困ったことがあっても、声掛けする勇気さえあれば、人は誰でも振り向いて答えてくれます。言葉が通じないかもしれない他国の人に声をかけるには勇気がいります。でも、ハイツセンターには、そんな機会は何度でもあり、自然に身につきます。 これまで英語をあきらめようと思ったことは一度もありません。70代半ばに差し掛かった今も、私は英語が好きです。

ー ハイツセンターより ー
山崎さんはハイツセンターに30年以上通っている生徒さんです。実は、山崎さんのクラスメートにも、あと2人、山崎さんのように30年以上在籍している生徒さんたちがいます。皆さんにとって、英語はライフワークであり生活の一部なのですね。ハイツに来ていると、いま世界で起こっていることに触れられるのが楽しいと、皆さんおっしゃいます。これからもずっとずっと、英語を通じてワクワク楽しい時間を過ごしていただけると嬉しいです。



 高橋 晴美   社会人クラス在籍

takahashiharumi


私は社会人クラスに通い4年目となります。今現在は、週2回レッスンに通い、一クラスはネイティブの先生による個人レッスンと、もう一クラスは資格取得に向けての日本人の先生によるグループレッスンです。英語を話せるだけではなく、出来るだけネイティブの発音に近づきたいという思いから、個人レッスンでは英語の発音に重点を置いて学んでいます。日本語にはない子音や母音の音・アクセント・イントネーション・連結を意識し、音読(声を出してテキストを読む方法)やシャドーウィング(CDを聴きながら、聴こえた音に付いていくつもりで声を出して読む方法)などをしながら、ネイティブの先生にチェックをして頂いています。英語の音を意識しトレーニングをしていく内に、今まで聴きづらかった英語の音が聴き取れようになってきたと同時に自分の発音もよりネイティブに通じるようになってきました。学んでいる英語を生かせればと思い、今現在札幌国際プラザの外国語ボランティアネットワークに登録し、最近ではさっぽろ雪まつり会場や札幌国際プラザ内で行われた雛祭りパーティーで英語ガイドボランティアを行いました。北海道や日本の良さを少しでも海外のお客さんに楽しんでもらえればと日々思いながらハイツセンターで英語を学んでおります。英語の勉強のトレーニング方法や海外の文化についても、いつもハイツセンターの先生から様々なアドバイスを頂いております。また、ハロウィーンやクリスマスなど、年間を通して子供から大人まで参加出来る様々なイベントはハイツセンターを通う中で楽しみの一つでもあります。目標のレベル到達まではまだまだ勉強が必要ですが、海外の方から「日本は面白い」「日本に来て本当に良かった」と思って頂けるような対応が出来るように、これからもハイツセンターで英語を学んでいきたいと思っております。






ハイツセンターイングリッシュスクール
〒069-0852 北海道江別市大麻東町31-37
TEL / FAX:011-386-6268 MAIL: eigo@hcenglish.com
Copyright © 2013 hces All Rights Reserved.

 

sunaieバナー