生徒さんからの声:Testimonials



 紙谷 のぞみ  旭川医科大学 医学部医学科


私は、姉がハイツセンターへ通っていので、同じように小学校5年生から通い始めました。そして、ハイツセンターのアットホームな雰囲気の中で英語を学んできました。ハイツセンターでネイティブの英語を聞く機会があったので、センター試験本番では、リスニングで満点を取ることができました。また、旭川医大の難易度が高い2次試験の英語でも、ハイツセンターで学んだことが役に立ちました。試験では、難解なテーマ、しかも長文の自由英作文が求められるのです。ですが、先生が熱心に添削をしてくださったり、論の組み立て方を教えてくださったりしたので、乗り切ることができました。このように、志望校の傾向に合わせた対策をしていただき、とても効率よく勉強することができました。そして、合格することができたのです。 大学では、ネットワークを介して外国の医師とで交流することもあるようなので、今まで培ってきた英語を生かしていきたいと思っています。



 深田 久典  公立大学法人国際教養大学 国際教養部 合格

 

合格するためにハイツセンターに入学しました。 受験で英語小論文、英語と日本語での面接がありひとりでは対策するのは難しいと感じた為です。 英語の論文で必要とされる論理の構成が苦手でした。添削を通して欠点を指摘して頂いたので受験までに 理解することができました。また、英語の面接の練習も表現と論理の不自然さを指導して頂きましたので 本番でも堂々と答えることができました。その結果、志望校に合格することができました。 ハイツセンターの先生方の熱心な指導がなければ合格できなかったと思っています。 本当に感謝しています。



 高橋 晴美   社会人クラス在籍

takahashiharumi


私は社会人クラスに通い4年目となります。今現在は、週2回レッスンに通い、一クラスはネイティブの先生による個人レッスンと、もう一クラスは資格取得に向けての日本人の先生によるグループレッスンです。英語を話せるだけではなく、出来るだけネイティブの発音に近づきたいという思いから、個人レッスンでは英語の発音に重点を置いて学んでいます。日本語にはない子音や母音の音・アクセント・イントネーション・連結を意識し、音読(声を出してテキストを読む方法)やシャドーウィング(CDを聴きながら、聴こえた音に付いていくつもりで声を出して読む方法)などをしながら、ネイティブの先生にチェックをして頂いています。英語の音を意識しトレーニングをしていく内に、今まで聴きづらかった英語の音が聴き取れようになってきたと同時に自分の発音もよりネイティブに通じるようになってきました。学んでいる英語を生かせればと思い、今現在札幌国際プラザの外国語ボランティアネットワークに登録し、最近ではさっぽろ雪まつり会場や札幌国際プラザ内で行われた雛祭りパーティーで英語ガイドボランティアを行いました。北海道や日本の良さを少しでも海外のお客さんに楽しんでもらえればと日々思いながらハイツセンターで英語を学んでおります。英語の勉強のトレーニング方法や海外の文化についても、いつもハイツセンターの先生から様々なアドバイスを頂いております。また、ハロウィーンやクリスマスなど、年間を通して子供から大人まで参加出来る様々なイベントはハイツセンターを通う中で楽しみの一つでもあります。目標のレベル到達まではまだまだ勉強が必要ですが、海外の方から「日本は面白い」「日本に来て本当に良かった」と思って頂けるような対応が出来るように、これからもハイツセンターで英語を学んでいきたいと思っております。






ハイツセンターイングリッシュスクール
〒069-0852 北海道江別市大麻東町31-37
TEL / FAX:011-386-6268 MAIL: eigo@hcenglish.com
Copyright © 2013 hces All Rights Reserved.

 

sunaieバナー